9 February 2019

Ireland-2


フバフバ

たかやん家での初めての朝はもちろんアイリッシュブレックファスト!
ソーセージ、ベーコン、目玉焼き、プディング(豚の血を固めたやつ?)にビーンズとトマト!これでもかっ!!ってくらいボリューミーです。それにスモークサーモンとアイルランドのパン。朝から至福の時間。すでにお腹いっぱい。




でもその日の目的は親友のトリッシュの婚約者のシリルが営むチョコレート屋さんへ。フランス人のシリルはショコラティエで、もう1人のフランス人のニコさんと2年ほど間にお店を構えました。

偶然お店はたかやんの家から車で15分ほどのところにあってびっくり! しかも前から日本人妻達の間でこちらのケーキの美味しさは噂になるほどの評判だと聞いてなんだか私が褒められたみたいになりました。

着きました l’art du chocolat





たくさんの種類のチョコレートがいっぱい


ケーキもございます


工房内もガラス張りで見えるので見学〜。この日はシリル(左)とトリッシュの結婚式のチョコレート彫刻を作る追い込み作業。



もう今日は休みなのにずっと仕事する仕事人間のシリルさん。



どれも美味しそうで選べない!でもいっぱい食べたい!という優柔不断な私たちのために、色んな種類のホットチョコレートの飲み比べを用意してくれました。
かんちゃんこれ5杯くらいのんだよ。笑

もちろんケーキ盛り盛り。
オーマイ、オーマ、イ、ガー 
オーマイガーーーーー
しか出てこない美味しさ。こんな美味しいホットチョコレートとケーキ他にはないよ!
丁寧に、繊細で、アートです。こんなんアイルランドの田舎町で食べてるとは思えない。なんか、めっちゃ高級ホテルで食べてるような。すごいです。




かんちゃんに結婚式のチョコレート彫刻の見本を見せてくれてます。




張り付く子供たち。


ニコさんめっちゃ優しくて大人も子どももちょっととろけた。


チョコレートのテンパリング作業も見れました。


そしてなんとトリッシュのお父さんまで会いに来てくれた!
嬉しいなあー。みんな本当優しい。
こも後シリルがお父さんの膝に思いっきりコーヒーをこぼして大騒ぎになりました。「俺のアルマーニが!」(嘘です)
「これ結婚式に着ていくのにどうしてくれるんだ!」(嘘です
面白いお父さんです。かんちゃんともすぐ仲良しに。


そしてその娘。
トリッシュの職業は先生。いつも可愛くて明るくてお父さん似の面白さ。






チョコ食べすぎてテンション上がる子ども達。



一緒に学んで、一緒に住んで、同じ時間をいっぱい過ごした友達。何年も会ってないのに昨日会ったみたいに普通にこうして世間話しながら歩けるって最高やね。

実はすっかりチョコレート屋さんの虜になり、数日後にたかやんと2人でブランチしに来た。笑 
クロックムッシュもむちゃんこ美味しかったです。




No comments:

Post a comment