14 July 2020

Inosuke mask


ちょとつもうしん


「鬼滅の刃」ってご存知ですか?

今日本で1番売れている少年漫画だそうです。

アニメもすごく人気のようです。

大正時代を舞台に鬼を退治する隊があって鬼退治をする。みたいなストーリーでしょうか。(家族全員誰も読んでないので全然知らないんです)


もちろん保育園でもばか流行りしているそうです。

かんちゃんの例にもれず「鬼滅の刃」の主題歌、登場人物、登場人物の絵の書き方、必殺技などなど。す、べ、て、お友達から口伝えで教えてもらってしっかり覚えてはまっています。

鬼が出てくるのでストーリーが怖すぎて観れないのです。DVDも開始5分で号泣して停止でした。

それでもお友達の情報を頼りに自分の想像力のみで熱中するなんて、なんか今読んでる司馬遼太郎の「竜馬がゆく」で、江戸に行った人達から政治状況や文化を聞き、自らの宿命に命を燃やす土佐藩の若い志士のようやなと思ってしまうのでした。笑

よく自分で見聞していないのにそこまでのめりこめるな、と。


すんごく前置きが長くなりましたが、その漫画に出てくるキャラクターの嘴平伊之助(はしびらいのすけ)がかんちゃんはめちゃくちゃ大好きで、園から帰るとずっと絵を描いてるくらい。


そんな健気な息子を喜ばすためにけんごさんが己の技術の全てをかけて伊之助のマスクを作りました!

伊之助は猪のお面?を被っているのです。



その制作過程をご覧ください。













筋肉出てるようにお腹を凹ませています。笑


腰蓑は大豆袋(米袋と同じ素材)、買ったものはグレーのフェルトのみで製作費は¥100!





かんちゃんは喜んでくれたのですが、あまりのクオリティーの高さに若干どうしていいのかわからない、という感じもありました。笑

ただ、「これは他のお父さんとかには絶対作れへんな。」と父を誇りに思ってくれてるみたい。


もうすぐ90の老人もこんなに笑顔ではしゃいでしまう伊之助マスクの威力。良かったね!









No comments:

Post a comment